浮気調査の無料相談:離婚したくない

浮気調査の無料相談:離婚したくない、

浮気調査の無料相談や依頼する方の目的は実に様々です。

 

具体例を挙げますと、最終的には離婚をしたいので、
今のうちに相手のウィークポイントをあぶり出しておきたいというハードなケースから、
漠然と現状の夫婦関係に不安感を抱き、その原因が相手の浮気にあるのではないかと悩まれているケース、
あるいは既に浮気自体は確定なのだが、その相手がどこの誰なのかを突き止めたいというケースなど、
依頼者の動機はそのベクトルによって違ってきます。

 

ではベクトルとは何なのかを考えると、それは浮気調査の結果後に果たしてどうしたいのか、
ひいてはどう生きたいのかということにも繋がっていくのです。

 

先に挙げた例になぞらえると、離婚目的の方はひとえに自分自身の今後のための一段階といえます。

 

 

逆に不安感から解放されたいという方は、それほどまでに相手のことを深く思っている証でもあり、
仮に浮気の証拠が出て来てしまったとしても、それを踏まえて上で関係を修復し、
ふたりの今後を見い出したいという、前向きな一歩への足掛かりとなることも有り得ます。

 

また矛先がパートナーにではなく浮気相手へと向けられているケースでは、
怒りや恨みや悲しみを自分たち夫婦以外へ向けて投げ出すことにより、不純なものを浄化してリセットできる場合もあります。

 

いずれにしても浮気調査とは、決して破局へと向かうためだけにあるのではありません。

 

臭いものには蓋とばかりに見て見ぬふりでやり過ごし、取り返しのつかない地点到達を招くよりも、
離婚を未然に防ぐための有効な手段なのです。"

 

"パートナーが浮気をしているとして、それを許す、許さないというのは人それぞれです。許すという場合には、パートナーにはしっかりと反省してもらい、もう一度やり直すという判断をしたということでしょう。

 

しかし、浮気がどうしても許せない、また、その他の要因も重なることで、別れを決意するという人もたくさんいます。子供のいない家庭では夫婦関係が終焉を迎えるというだけですが、子供のいる家庭では、どちらが子供を育てていくか、という事柄は大変重要です。

 

パートナーの浮気が原因で離婚を考えている、さらに、子供の親権を持ちたいというのであれば、浮気調査を依頼するのが良いでしょう。浮気調査をしっかりと行ってもらい、証拠をつかむことで、どちらに非があるのかをはっきりさせることは、調停や裁判において親権を争った場合に有利に働きます。

 

 

浮気調査はプロに依頼することによって、パートナーが浮気をしている場合は確実に証拠を押さえてくれるでしょう。第3者による報告や、決定的瞬間の写真などによる報告書は、もはや言い逃れのできない確実な証拠となります。

 

離婚をするというのは、並大抵の決意ではないでしょう。ましてや子供のいる家庭ではなおさらです。

 

子供の目線で言えば父親と母親がいる家庭が望ましいのでしょうが、夫婦関係が破綻していても良い環境とは言えないのかもしれません。

 

子供のことを考えての決意であれば、失敗できないはずです。それを考えれば、浮気調査によって証拠をつかむことは必要でしょう。

後払い!頭金0円


HAL探偵社
ハル探偵【無料相談】 匿名で申込OK!
フリーダイヤル 0120-110-836